TREK TOP FUEL9.8 SL(トレック トップヒューエル9.8SL)

TREK TOP FUEL 9.8 SL Powder Blue

  • TREK TOP FUEL 9.8 SL Powder Blue
  • Matte Dnister Black/Gloss Black

最新テクノロジー搭載。最速のマウンテンバイク

最新のテクノロジーBoost148/110を採用した最速で最軽量のフルサスマウンテンバイク。
フロントとリアのエンド幅を広げることで剛性が2倍にアップ。フレームのクリアランスが広がりタイヤ幅がより広いものが使用できるようになりました。
また、チェーンステーが短くなることでバイクコントロールも機微さもアップしています。
トレイルを誰よりも速く駆け抜けるならばオススメのバイクです。

¥660,000(税込)

カラーPowder Blue,Matte Dnister Black/Gloss Black
サイズ15.5(27.5wheels) 17.5,18.5,19.5,21.5(29wheeis)
フレームOCLV Mountain Carbon main frame & seatstay, alloy chainstay, ABP Convert, Full Floater, EVO link, E2 tapered head tube, Mino Link, MicroTruss,
フォークRockShox SID XX, Solo Air, Motion Control damper, XX Full Sprint remote lockout, E2 tapered steerer, Boost110 & G2 Geometry w/51mm offset on 29ers, 100mm travel
ホイールDT Swiss X1700, tubeless strips & valves, 15mm front, 12mm rear (Boost110 & Boost148 on 29ers)
コンポシフターSRAM X1, 11 speed

最軽量にして最速のフルサスペンションバイク

新たなテクノロジーBoost148/110

boost148/110 エンド幅拡大で剛性アップ

マウンテンバイクの新たなテクノロジーとしてのBoost148/110がこのトップフューエルに搭載。29erのリアエンド幅を148㎜にフロントエンド幅を110㎜と幅広にすることで剛性が2倍にもアップ。
また、Qファクターやペダリング効率に影響することなく、フレームのクリアランスが広がりより太いタイヤを履くことができ、チェーンステーも短くなり高い俊敏性と登坂力を発揮します。また、より幅広いチェーンリングの選択も可能になります。
これまで29erが苦手としてた細かいバイクコントロールや敏捷性を克服し、29erがもともと得意としていた速さと高い走破性を合わせた事で、TopFuelはトレック史上最軽量にして最速のフルサスペンションマウンテンバイクとなりました。

OCLVマウンテンカーボン

OCLVマウンテンカーボン ワイヤー類は内蔵可能

TopFuelの速さや軽さを支えるのがOCLVマウンテンカーボンフレーム。トレック独自の素材と製造工程を用い、最新技術と厳しい基準の試験を何度も繰り返し開発された、より高い強度、より軽いカーボンフレームです。トレックが持つOCLV技術でオフロードの過酷さに合わせて形作り、軽さと乗りやすさを両立しながら必要な個所に適切な補強を施しトレイルを走るために作られたカーボン。トップヒューエルは軽さをより追求し作られています。
また、バイクが傷つかないようフレーム保護が必要となることがあります。そこで軽くてタフなカーボンアーマープロテクト—シールドを開発し、飛び石などで傷つきやすいダウンチューブをしっかり保護しています。ワイヤー類もフレームに内蔵されるようなルーティングになっており、オフロード走行中に泥づまりなどによる変速トラブルを防ぎます。

TOP FUELのサスペンションテクノロジー

高性能サスペンション

top fuel フロントサスペンション

フロントサスペンションは軽さと剛性に優れたRockShox SID XXを、リアもRockShoxMonarch XXを採用。ハンドルを握ったままロックアウトができるリモートコントロール付。細かい段差や登りがあるクロスカントリーにはもってこいのサスペンションです。

フルフローター

フルフローター

このフルフローターという技術は、リアサスペンションを2つの可動リンクでつなぐことで、凸凹な路面でもしっかりサスが稼働し反応を高めます。これにより今までにない快適な走りをもたらすでしょう。

EVOリンク

EVOリンク

EVOリンクとはトレックオリジナルのワンピースの軽量なロッカーリンク。このリンクでフロントとリアのトライアングルをしっかり繋ぐことで、重量を抑えつつ機敏なバイクコントロール性を発揮する高剛性フレームを実現させることができます。

ABP(アクティブブレーキピボット)

ABP ブレーキをかけてもサスペンションもしっかり可動

リアホイールのシャフトをピボットとして機能させる技術で、通常だとブレーキをかけた際リアサスペンションの動きに制限ができてしまいうまく動かないことも。ABPによりブレーキに左右することなくしっかりサスペンションが思い通りにスムーズに動きます。

フレームサイズによって変わるホイールサイズ

スマートホイール

TREK スマートホイール

トップヒューエルにも採用されている29インチホイール。スピードや走破性に優れるのですが、小柄な方だと自転車も大きく操作がしにくいということがあります。
それでトレックではフレームの大きさに合わせてホイールの大きさも変える『スマートホイールサイズ』を採用しています。
17.5インチ以上のフレームサイズの場合は29er。15.5インチの場合は650b(27.5)になります。小柄な方でもバイクをしっかりコントロールでき安心してマウンテンバイクを楽しめるようになっています。

Boost148/110を採用したハードテイルマウンテンと比較する

プロキャリバー9.7SL 画像をクリックでプロキャリバー9.7SLのページにジャンプします

TREK(トレック)PROCALIBER9.7SL(プロキャリバー9.7SL)

新規格であるBoost148/110を採用したハードテイルタイプのPROCALIBER(プロキャリバー)もラインアップされています。
より軽さを求める方、凸凹など比較的少ないコースを走る場合はお勧めです。快適な乗り心地で人気のロードバイク・DOMANEにも採用されているIsoSpeedテクノロジーがプロキャリバーにも搭載。ペダリングでのパワーをロスすることなく路面からの衝撃を吸収し快適です。頼長く快適に力強く走れるマウンテンバイクです。

最新ブログ

バイクプラスHPリニューアルのお知らせ

最新情報

2017/02/25

バイクプラスのHPリニューアルのお知らせ

バイクプラスのホームページのリニューアルにともない今後の更新は戸田彩湖店のページではなく新しいホームページの方に更新情報を掲載していく予定です。今後ともよろしくお願いいたします!

トレックセガフレード2017チームアパレル

最新情報

2017/02/18

2017トレックチームジャージ入荷開始

TREKのレーシングチーム「TREK Segafredo」の選手が着ているサイクルジャージ&ビブと同じデザインのレプリカジャージが今年も登場!2017年よりコンタドール選手が加わったことも話題になってます。これから随時チームデザインのアパレル入荷予定です!

ビンディングペダル

2017/02/17

How to 〇〇

初めてのビンディング!乗り方とその注意点

ロードバイクに乗っている方の多くは取り入れているビンディング。初めてのスポーツバイクだからまだフラットペダルを使っている、ビンディングにしたいがよくわからない、そんな方のために詳しく解説していきます!

わたし自身もたくさんビンディングについて学ばされていることが多いです。ぜひ参考にしてください!

スタッフ

葛西臨界公園に水仙を見に行く

2017/02/11

サイクリング 荒川埼玉東京

冬限定!川島町の白鳥飛来地へサイクリング

埼玉県川島町の越辺川では10月後半から3月まで白鳥が飛来してくるとの情報を知り気になったのでかわじま呉汁もついでに愉しむべくサイクリングしてきました。沢山の白鳥をまじかでみれ、また暖かいうどんも堪能でき満足♪

なかなか寒くてサイクリングから遠のく時期ですが、冬場だからこそ楽しめるものもありますよ!

スタッフ
宮崎啓

四方吉うどん

2017/02/10

サイクリング 荒川埼玉東京

いちごの名産地吉見町へ!女子二人冬のサイクリング

埼玉県吉見町へポタリングに行ってきました。いちご狩りスポットやいちごに因んだお土産などたくさんあり、いちごを満喫するのにもってこいな場所でした!

まだまだ旬のいちご、今回はグルメを堪能しましたがいちご狩りにも行ってみたいですね~~♪♫

スタッフ
  • シクロワイアードレコメンドショップ

他の自転車を選ぶ

ページの先頭へ戻る