TREK DOMANE SL5 DISC|他にはないカラーリング

TREK Domane SL5 DISC 2017年モデル

  • TREK Domane SL5 DISC 2017年モデル

一台で何役もこなせる万能ディスクロード

アレもしたいしコレもしたいしなんでもしたい!!・・・となると、複数台のロードバイクが必要になってしまいます。予算や置き場などの壁が大きく立ち塞がってしまいますが、ディスクロードならば意外と簡単に越えられます。
新型となったドマーネSLのフレームは軽く、前後共にISO SPEEDを搭載し、荒れた路面でもロングライドでも快適。ディスクブレーキは天候に関わらず安定した制動力を生み出し、700X32Cのタイヤで路面のグリップ力も高く保ちます。さらに40mmハイトのエアロリムホイールで高速巡行も可能になっています。走行時の苦手なシーンを想像できないほど完成度の高いロードバイクです。
※一部のイベントやレースにおいてディスクロードの使用が禁止されている場合があります。

¥549,000(税込)

カラーMatte Deep Dark Blue/Green-lig
サイズ44,47,50,52,54,56,58,60
車体重量:8.54kg(サイズ56)
フレーム500 Series OCLV Carbon, Front & Rear IsoSpeed, E2 tapered head tube, BB90, Flat Mount disc brakes, Power Transfer Construction, hidden fender mounts, internal cable routing, 3S chain keeper, DuoTrap S compatible, Ride Tuned seatmast
フォークDomane carbon disc, E2 tapered steerer, 12mm thru-axle
ホイールVision Metron 40 Disc LTD
コンポShimano 105, 11 speed

写真ではわかりにくいですが、マットディープブルーという紺色のロードバイクです。このカラーはトレックのほかのモデルにもなく珍しい!

スタッフ
宮崎早香

カーボンフレームのディスクロード

人と同じは嫌だという方におすすめのモデル

ドマーネSL5 disc 黒く見えますが、深い紺色のボディです。マット仕上げというところが上品。

OCLV500シリーズカーボンを使用したディスクロード。軽量でありながらも快適性にも優れロングライドの強い味方です。また、油圧ディスクブレーキを搭載しロードバイクながらもちょっとしたオフロードも走ることが出来ます。
カラーは艶消しの濃い紺色で、写真では黒く見えますが光のあたり方がかわると紺色だというのがわかります。限りなくブラックに近い紺色といったところです。ロゴは明るいグリーンで個性的なデザインです。

優れたフレームの特徴

ヘッドIspSpeed

ヘッド IsoSpeed

17年モデルのドマーネの大きな特徴の一つがこのヘッドIsoSpeed(アイソスピード)。ヘッドのベアリングが収まる部分がフレームより独立していることで、サスペンションのような役割をします。路面より来る大きな衝撃を吸収してくれるのですが、実際にライドしてみると腕への負担が大きく減少しているのがよくわかります。他にはないトレックオリジナルの技術です。

リア IsoSpeed

シートチューブのIsoSpeed

ドマーネといえばこのシートチューブのIsoSpeed。これが想像以上に効果があり、凸凹した路面を走行したとき他モデルに比べてもお尻に受ける衝撃が少なく、また腰が安定するのでどんな状況でもしっかり安定したペダリンググを行うことが出来ます。サイクリングロードでも道が悪いところがあったりするのでIsoSpeedがしっかり衝撃をキャッチしてくれます。

ワイヤー類はフレーム内蔵

ワイヤー内臓フレーム

シフトやブレーキのワイヤー・ケーブル類はフレーム内を通るようになっています。見ためがスッキリしてより洗練されたバイクとなります。またワイヤー類が錆びたり汚れたりといったことから防ぐ効果もあります。

デュオトラップSセンサー

デュオトラップSセンサーを取り付ける穴

コチラのモデルも専用のサイコンセンサー・デュオトラップSをフレームに取り付けできます。ANT+とBluetooth SMARTに対応しており、純正のトリップ300やガーミンのエッジシリーズ、スマートホーンのアプリなど様々なデバイスでご利用いただけます。

domane sl5Discのコンポーネント

shimano RS505 flat mout

ブレーキはフラットマウント方式の油圧ディスクブレーキです。雨などの濡れた状況下でもしっかり制動し、そして弱い力でもしっかりブレーキを聞かせることができるので安心です。マウンテンバイクよりも急激に効く感じではないのでスピードコントロールもしやすいと思います。

Vison Metron40 Disc LTD

ホイールはVisonのMetron40ディスクを装着。カーボンホイールなので軽量にすることもできまた乗り心地もよくなります。カーボンホイールのデメリットはブレーキの効きが弱くなる点ですが、ディスクブレーキなのでそんな心配はありません。リムハイトも40㎜と巡航性も高くひとたびスピード乗るといつもでも走り続けられるでしょう。

105クランク

メインコンポーネントはシマノ 105(5800系)。リア変速は11段で変速性能、耐久性にすぐれレースシーンでも対応できるミドルグレードコンポーネント。いずれ上位グレードのコンポにアップグレードすることでより洗練された走りができます。最初の1台としてどんどんパーツを上げていく楽しみもあります。

プロステムはブレンダーで各種マウント装着可能

カーボン製に匹敵する軽量なアルミ製のPRO Stem(ボントレガー)。軽いだけでなく評判のいいブレンダーシステムにも対応しており、専用のマウントを使用することでサイコンやライトをハンドルに取り付ける必要がなくなるので、ごちゃごちゃになりがちなハンドル周りをスッキリさせることが出来ます。

その他のドマーネSLディスクモデル

TREK(トレック)Domane SL6 Disc 画像をクリックするとDomane SL6 Disc詳細ページにジャンプ

TREK(トレック)Domane SL6 Disc

メインカラーがブラックでロゴはホワイトとシンプルなデザインでカッコ良い!ドマーネSL6と同カラー。domane SL5 Discよりコンポーネントをアルテグラにアップされており、またレバーも小降りになり握りやすくなっています。ロングライドからちょっとしたオフロードなんかを楽しみたいという方にはおすすめです。

・TREK(トレック)Domane SL6 Disc

最新ブログ

バイクプラスHPリニューアルのお知らせ

最新情報

2017/02/25

バイクプラスのHPリニューアルのお知らせ

バイクプラスのホームページのリニューアルにともない今後の更新は戸田彩湖店のページではなく新しいホームページの方に更新情報を掲載していく予定です。今後ともよろしくお願いいたします!

トレックセガフレード2017チームアパレル

最新情報

2017/02/18

2017トレックチームジャージ入荷開始

TREKのレーシングチーム「TREK Segafredo」の選手が着ているサイクルジャージ&ビブと同じデザインのレプリカジャージが今年も登場!2017年よりコンタドール選手が加わったことも話題になってます。これから随時チームデザインのアパレル入荷予定です!

ビンディングペダル

2017/02/17

How to 〇〇

初めてのビンディング!乗り方とその注意点

ロードバイクに乗っている方の多くは取り入れているビンディング。初めてのスポーツバイクだからまだフラットペダルを使っている、ビンディングにしたいがよくわからない、そんな方のために詳しく解説していきます!

わたし自身もたくさんビンディングについて学ばされていることが多いです。ぜひ参考にしてください!

スタッフ

葛西臨界公園に水仙を見に行く

2017/02/11

サイクリング 荒川埼玉東京

冬限定!川島町の白鳥飛来地へサイクリング

埼玉県川島町の越辺川では10月後半から3月まで白鳥が飛来してくるとの情報を知り気になったのでかわじま呉汁もついでに愉しむべくサイクリングしてきました。沢山の白鳥をまじかでみれ、また暖かいうどんも堪能でき満足♪

なかなか寒くてサイクリングから遠のく時期ですが、冬場だからこそ楽しめるものもありますよ!

スタッフ
宮崎啓

四方吉うどん

2017/02/10

サイクリング 荒川埼玉東京

いちごの名産地吉見町へ!女子二人冬のサイクリング

埼玉県吉見町へポタリングに行ってきました。いちご狩りスポットやいちごに因んだお土産などたくさんあり、いちごを満喫するのにもってこいな場所でした!

まだまだ旬のいちご、今回はグルメを堪能しましたがいちご狩りにも行ってみたいですね~~♪♫

スタッフ

関連リンク

 ヒルクライムに挑戦!

ヒルクライムに挑戦!

どんなにくるしくても、最後まで登りきった時の達成感がクセになります。まずは、近くの坂からチャレンジしてみてください。

 長距離サイクリング(ロングライド)に挑戦!

長距離サイクリング(ロングライド)に挑戦!

ロードバイクの行動範囲は想像を遥かに超えるほど。ちょっとずつカラダを慣らして愛車で思いっきり遠出してみませんか?

 メンテナンスにもチャレンジ!

メンテナンスにもチャレンジ!

日頃からご自分でできるメンテナンス作業をこちらでご紹介しています。動画でもご紹介していますので、チャレンジしたい方は是非ご覧になってみてください。

  • シクロワイアードレコメンドショップ

他の自転車を選ぶ

ページの先頭へ戻る