TREK Domane SLR7(トレック ドマーネSLR7 )

ドマーネSLR7

  • ドマーネSLR7

体力に自信のない方でもロングライドを楽しめる快適設計ロードバイク

石畳のような荒れた路面においても持前の振動吸収性で、快適に走れるDomane(ドマーネ)シリーズ。発売から4年ほどの2016年春、ドマーネは新型の第2世代として新たなフレーム設計で登場しました。ドマーネシリーズの最上位グレードであるDomane SLR7は、軽量で剛性の高いOCLVカーボン600を使用し、コンポーネントには電動アルテグラを搭載。独特のしなりを生み出すISO Speedがヘッドチューブとシートチューブに採用されて、振動吸収性がさらにアップしています。タイヤも28Cというロードバイクにおいては太めを採用し安定感、乗り心地ともに抜群です。
年齢も体力も関係なく、とにかく楽にロードバイクでロングライドを楽しみたい方におすすめです。

¥680,000(税込)

カラーSemigloss Crystal White/Roaran
サイズ50,52,54,56,58,60
車体重量:7.49kg(サイズ56)
フレーム600 Series OCLV Carbon, Front IsoSpeed, Adjustable Rear IsoSpeed, E2 tapered head tube, BB90, Power Transfer Construction, hidden fender mounts, internal cable routing, 3S chain keeper, DuoTrap S compatible, Ride Tuned seatmast
フォークDomane full carbon, E2 tapered steerer, direct mount brakes Trek IsoSpeed full carbon, E2
ホイールParadigm Comp Tubeless Ready
コンポShimano Ultegra Di2 11speed
試乗車(サイズ50)あります。

Domane SLR7解剖!だから振動吸収性が高い

リア側のISO Speed部分をバラしてみます

domaneのISOスピード

ドマーネの象徴であるISO Speed。シートチューブをトップチューブから独立させることで、フレームのしなりを最大限生かしてお尻の突き上げ感をなくしています。ドマーネSLR7はこれまでのドマーネ6シリーズからさらに進化。TREKの上位カーボンロードに使われているシートマストキャップはそのまま継続ですが、ドマーネSLR7はシートチューブが完全に分離します。

domane SLR7シートチューブ分離

ドマーネSLR7のシートチューブ取り外し

実際に取り外してみました。ボトルケージの取り付けボルトを兼ねているシートチューブ固定ボルトをまずはゆるめます。

domaneのISOスピード部分のベアリング

domaneにはフレームのトップチューブからシートステーをつなぐ部分にベアリングが入っているのでその部分をゆるめてパーツを取り外します。

ドマーネSLR7のシートチューブを完全に分離

完全にシートチューブが2つに分かれ、そのままフレームから取り外せる構造になっています。

ドマーネSLR7のフレーム構造

ISO Speedの開発当初でさえ、フレームのしなり具合に感動したものですが、今回の新型フレームはさらにさ型破りの発想でTREKの技術力の高さを感じます。お尻への突き上げ感が少なく路面状況にかかわらずサドルに座っていることができます。

domane slr7はスライダーでのしなり調整

また、しなりの具合を調節するスライダーがついています。
シートチューブ裏側をよく見ると、石畳の絵が上と下に描いてあり、スライダーを上方にスライドさせて固定すると振動吸収を抑え、スライダーを下の方にスライドさせて固定すると振動吸収性を高めることができます。路面状況によって、好みに合わせての調節が可能になりました。

Domane SLR7のハンドルまわり

フォークコラムとヘッドチューブを分離

ドマーネのフロント部分のISOスピード

これまでのドマーネは突き上げ感をなくすためにサドル側にIso Speedを搭載していました。そのため腕から上半身に伝わる振動をいかにおさえるかが課題とされてきました。ハンドル部分の振動吸収を高めることはできるはずと開発がすすめられてきた結果、ドマーネSLR7ではヘッドチューブにISO Speedを搭載。上半身への突き上げを抑えてくれるようになっています。

フォークを抜いてみると

domane slr7のヘッドチューブ内部

フォークをフレームから抜いてみたところです。写真で指で押さえている場所が前側に傾いているのがわかるでしょうか。後方を指で押さえると、後ろ方向に傾きます。縦方向の衝撃を緩和するためにこの部分が前後に動くことで上半身の突き上げ感をいなしてくれます。

ISO Coreハンドル

ISOコアハンドル

ハンドルはISOコアハンドルという新型のハンドルを使用しています。カーボンハンドルで振動吸収性はもともとあり、軽いのですが、ただのカーボンの筒ではなく、内部にエラストマー素材が配置されていて振動吸収を1割増しにしているとのことです。

クッションパッド付き

ボントレガーのISOCOREハンドル

バーテープの下にはISOバーパッドがハンドル上側と、ドロップ部分に配置されています。触ると肉球のような低反発素材のようなもので、手のひらに伝わる振動を抑えてくれます。

ISOコアハンドルの内部

ハンドルのバーエンド部分から除くと、1層なにかが中に入っているのが見えます。ハンドルをコンコンっと手でたたいてみると、ほかのハンドルと比較しても明らかに振動の収まり具合がいいのが分かります。

ドマーネのISOコアハンドルはフルカーボン

ハンドルにぐっと体重をかけるとISO Speedのおかげでフォークコラムがしなるのが感じられます。路面状況にかかわらず体の負担が少ない走行が可能です。

そのほかDomane 6シリーズとの違い

ダイレクトマウントブレーキ

domane slr7のダイレクトマウントブレーキ

domane SLR7はダイレクトマウントブレーキに対応しています。ボントレガーのSPEED STOPというブレーキを採用。メカメカしい雰囲気ですが、フレームの良さを最大限活用するためにブレーキも自社で作ってしまうTREKのメーカーとしてのすごさを感じます。このブレーキにすることで、ブレーキアーチが広がり、タイヤを太くすることができます。

安心の28Cタイヤ

ドマーネSLR7のタイヤは28C

もともとDomane SLR7についてくるのが28Cという太さのスリックタイヤです。安定感もクッション性もあり、路面の小さな凹凸や段差も気になりません。ホイールはそれに合わせてリム幅の広いパラダイムコンプホイールがついています。ロングライドも安心ですね。

domane SLR7そのほか

コントロール性能も高くて快適

新型ドマーネのフロントフォーク

フレーム構造ばかりが注目されるドマーネシリーズですが、コントロールの安定感を支えているのはこのフロントフォーク。前方にやや湾曲した形で、路面の段差を浅い角度でとらえてくれるため手に伝わる衝撃を最小限に抑えてくれます。ドマーネSLR7ではフォークの形状も見直され、振動吸収を高めるのはもちろんハンドリングがより機敏になっています。

パワーを逃がさない設計

ドマーネSLR7のBB下から

パワートランスファーコンストラクション(PTC)と呼ばれ、ペダリングで生まれた力をフレームを通して駆動に伝えて推進力に変えてくれます。幅広のBB90を使用し、出力の大小に関わらずしっかりとパワー伝導してくれるのでふみ心地も快適です。高速域でも、下りでもぶれない安定感が魅力です。

コンポは電動アルテグラ

電動アルテグラのシフトレバー

ドマーネSLR7のコンポーネントはアルテグラ電動式。シフトチェンジがボタン操作でできるため、変速時にレバーを押し込む必要がなく、少ない力で変速操作ができます。手の小さな方でも安心で、長時間のライドでお疲れ気味の体でもストレスがありません。

コントロールセンター

ドマーネのコントロールセンター

電動アルテグラは充電式なのでバッテリーがフレームに内蔵されています。ダウンチューブにコントロールセンターが設置され、ボトルケージの下に内蔵できるようなマウントがついています。コントロールセンターをあけるとフレームの内側がまるっと見えて感動します。

ドマーネSLR7のカラー紹介

domane slr新ロゴ

カラーリングはSemigloss Crystal White/Roaran。セミグロスということもあって、マットのようなしっとりした質感を持ちながらも、どことなく光沢感の残る新しい印象のカラーリングです。

ドマーネSLR7のトップチューブデザイン

トップチューブのロゴDomane SLRも一新されています。トップチューブやフォーク内側、チェーンステーにオレンジの差し色が入っています。
ドマーネSLR7はこの1色の展開ですが、カラーリングを選びたいという方はプロジェクトワンもおススメです。

Domane SLR7と価格が近い他のモデルと比較する

TREK(トレック) DOMANE SLR6 (ドマーネSLR6) 画像をクリックするとドマーネSLR6にジャンプします。

TREK(トレック) Domane SLR6 (ドマーネSLR6)

フレームはドマーネSLR7と同じですが、機械式のアルテグラ(6800系)がメインコンポ。ボントレガーオリジナルのSpeed Stopブレーキを搭載し、タイヤは標準でボントレガーのR3タイヤ28Cがついてきます。
マットブラックでシックな仕上がり!

フレーム:OCLV 600 Series
メインコンポ:Shimano Ultegra 6800
ホイール:Paradigm Comp Tubeless Ready

価格:590,000円(税込)

TREK(トレック)DOMANE SLR6Disc(ドマーネSLR6Disc) 画像をクリックするとドマーネSLR6Discにジャンプします。

TREK(トレック) DOMANE SLR6Disc(ドマーネSLR6 Disc)

ドマーネSLRの油圧ディスクブレーキタイプのモデル。タイヤクリアランスも広く取られタイヤは32Cまで対応。ブレーキもしっかり効き太めのタイヤで荒れた路面でも天候も気にせず走ることができます。

フレーム:OCLV 600 Series
メインコンポ:Shimano Ultegra 6800,himano RS685 hydraulic
ホイール:Bontrager Affinity Comp Tubeless Ready Disc

価格:640,000円(税込)

最新ブログ

バイクプラスHPリニューアルのお知らせ

最新情報

2017/02/25

バイクプラスのHPリニューアルのお知らせ

バイクプラスのホームページのリニューアルにともない今後の更新は戸田彩湖店のページではなく新しいホームページの方に更新情報を掲載していく予定です。今後ともよろしくお願いいたします!

トレックセガフレード2017チームアパレル

最新情報

2017/02/18

2017トレックチームジャージ入荷開始

TREKのレーシングチーム「TREK Segafredo」の選手が着ているサイクルジャージ&ビブと同じデザインのレプリカジャージが今年も登場!2017年よりコンタドール選手が加わったことも話題になってます。これから随時チームデザインのアパレル入荷予定です!

ビンディングペダル

2017/02/17

How to 〇〇

初めてのビンディング!乗り方とその注意点

ロードバイクに乗っている方の多くは取り入れているビンディング。初めてのスポーツバイクだからまだフラットペダルを使っている、ビンディングにしたいがよくわからない、そんな方のために詳しく解説していきます!

わたし自身もたくさんビンディングについて学ばされていることが多いです。ぜひ参考にしてください!

スタッフ

葛西臨界公園に水仙を見に行く

2017/02/11

サイクリング 荒川埼玉東京

冬限定!川島町の白鳥飛来地へサイクリング

埼玉県川島町の越辺川では10月後半から3月まで白鳥が飛来してくるとの情報を知り気になったのでかわじま呉汁もついでに愉しむべくサイクリングしてきました。沢山の白鳥をまじかでみれ、また暖かいうどんも堪能でき満足♪

なかなか寒くてサイクリングから遠のく時期ですが、冬場だからこそ楽しめるものもありますよ!

スタッフ
宮崎啓

四方吉うどん

2017/02/10

サイクリング 荒川埼玉東京

いちごの名産地吉見町へ!女子二人冬のサイクリング

埼玉県吉見町へポタリングに行ってきました。いちご狩りスポットやいちごに因んだお土産などたくさんあり、いちごを満喫するのにもってこいな場所でした!

まだまだ旬のいちご、今回はグルメを堪能しましたがいちご狩りにも行ってみたいですね~~♪♫

スタッフ

関連リンク

おすすめ!絶対に必要な自転車アイテム一覧

おすすめ!絶対に必要な自転車アイテム一覧

安全に乗るための自転車グッズなど、自転車を購入した際に一緒に揃えておいたほうがよい自転車グッズをご紹介します。

おすすめサイクリング用品一覧

おすすめサイクリング用品一覧

通勤通学もそうですが、サイクリングに出かける際に装備しておいたほうがよいおすすめのサイクリング用品をご紹介しています。

自転車通勤を始めてみませんか?

自転車通勤を始めてみませんか?

毎日の通勤を自転車にするとストレス発散や健康維持にもつながります。まずは乗り換えの駅までなど短距離自転車通勤から始めてみるのもおすすめです!

長距離サイクリング(ロングライド)に挑戦!

長距離サイクリング(ロングライド)に挑戦!

ロードバイクの行動範囲は想像を遥かに超えるほど。ちょっとずつカラダを慣らして愛車で思いっきり遠出してみませんか?

ヒルクライムに挑戦!

ヒルクライムに挑戦!

どんなにくるしくても、最後まで登りきった時の達成感がクセになるります。まずは、近くの坂からチャレンジしてみてください。

5つの安心その①「30日間満足保証」とは?

5つの安心その①「30日間満足保証」とは?

30日間満足保証や1年間パンク保証などの「5つの安心」サービスで自転車を買う時も買った後もサポートします。

  • シクロワイアードレコメンドショップ

他の自転車を選ぶ

ページの先頭へ戻る