2016/04/30

車輪の付け方・外し方のコツ「クロスバイク編」

How to 〇〇

前輪の外し方紹介動画「クロス編」

クロスバイクのホイールの着脱は慣れれば誰でも簡単にできるようになります。
しかし、納車の際に車輪の外し方&はめ方のご案内はいたしますが、一度見て聞いただけではいざ自分やろうと思ってもちゃんとできるか不安という方も多いものです。
バイクプラスでは、もしもご自宅や外出先で困ったときのためにyoutubeでホイールの外し方の動画を紹介しています。



さて、動画を見てやってみたけれど、なんだかおかしい、うまくいかない…
そんなときのためのチェックポイントを下記で紹介します。今回はクロスバイクのVブレーキをもとに戻す際のよくある注意ポイントをまとめてみました。

Vブレーキの注意点

①アウターワイヤーはちゃんと収まっているか

Vブレーキのブレーキアウター

まずはこの部分に注目です。Vブレーキの本体から少し上付近。赤丸のついているところです。
Vブレーキを解放する際に、アウターワイヤーがインナーリードユニット(銀色の部分)から抜けてしまうことがあります。

Vブレーキ本体側

Vブレーキの車輪の着脱の注意点

いざVブレーキを戻そうとしたときに、このアウターワイヤーがしっかりと収まっていないと、うまくいきません。
アウターワイヤーが渕にひかっかったりせずに、すぽっとおさまっているか確認をしてください。
ワイヤーがうまくおさまっていない状態で、無理にレバーを握ってしまうと、アウター受け部分のパーツが変形したり破損する可能性があります。

ブレーキレバー側

クロスバイクのブレーキレバー

同時に、ブレーキレバー側のアウターワイヤーが抜けてしまっていることもあります。
ハンドルのブレーキレバー付近に注目です。ブレーキ本体側をつなぐアウターワイヤーの受け部分がレバー側にもあります。
本体側は問題なくても、レバー側のワイヤーが正しくおさまっていなければやはりうまく元に戻せません。vブレーキの解放で起きやすい症状は次の写真へ。

クロスバイクのホイールの取り付け注意点

ブレーキレバー本体にアウターワイヤーがしっかり収まっていないと、vブレーキを戻そうとしたときにうまくいきません。
レバー側にしっかりとアウターワイヤーがおさまっていることを確認します。レバーのふちにひっかかっていたら、少しアウターワイヤーをずらしてレバー側にしっかりと押し当ててください。
必ずアウターが外す前と同じようになっていることを確認します。最初の状態が、わからなくなってしまったら、もう片方のブレーキレバーとVブレーキの状態を観察してみてください。

②正しい位置でインナーリードユニットが固定されているか

vブレーキでよくあるトラブル

Vブレーキとインナーリードユニットが正しい位置ではまっているかも確認が必要です。
たとえば写真のように、インナーリードユニットの先端部分でひっかかっている状態でブレーキレバーを握ってしまうと、このリード部分と接触しているパーツが変形したり破損する恐れがあります。
ワイヤーの細いところで、アーム先端の銀色のパーツを下から上へと動かして、一番おさまりのいいところで固定します。

Vブレーキワイヤーの正しい取り付け方

正しい状態はこうです。ワイヤーリード(銀色の部分)がブレーキ本体のユニットの溝にしっかりとおさまっている状態です。
この状態になっていることを確認してください。

余談ですが、ハンドルを思いっきり右にきったときに、フレームにフロントブレーキのアウターワイヤーがあたり、Vブレーキのワイヤー受けの部分が変形してしまうことがあります。
ワイヤーはひっかかったけれど、受け部分が広がってしまってすぐに抜けてしまうという場合には注意が必要です。

クロスバイクのハンドルを思いっきりきったときのトラブル

駐輪場などで転倒してしまったり、出し入れの際に隣の自転車に引っかかったり、クロスバイクを車につむときに思いっきりハンドルを切ってしまったりしたときに起きやすいです。
フレームに傷がついてしまうのはもちろんのこと、ワイヤー受け部分が広がってしまうことでブレーキのワイヤーの固定ができなくなります。
ワイヤーはもとの位置に戻したのに、ブレーキレバーを握ったらすぐにブレーキ本体からワイヤーが外れてしまうというような場合は、ワイヤー受け部分が変形していないか確認してください。

③vブレーキのバネはちゃんと収まっているか

Vブレーキのバネ

Vブレーキを解放すると、ブレーキアーム全体が外側にぱかっと開きます。その際にブレーキのバネも一緒に外側に外れてしまうことがあります。
Vブレーキをもとに戻す際には、このバネをブレーキアームの内側(車輪側)におさめなければなりません。写真で外側に飛び出している棒状のものがブレーキのバネです。
こうなってしまったら、あるべき場所にバネを戻してあげます。

Vブレーキをもとに戻す方法

ブレーキアームの内側にバネの棒部分がひっかかる溝があります。ここにおさめます。
ワイヤーはもとのところに引っかかっているけれど、ブレーキシューが車輪にくっついてレバーを握っても全然動かない、そんなときはもしかしたらvブレーキのバネが正しい場所に収まっていない可能性があります。

これでVブレーキをもとにもどして車輪をはめて完成!のはずですが、動画を見ても、この記事を読んでもなんだかよくわからない!という方はぜひ一度ご来店ください!

クイックリリースレバーの締め付け具合も確認

クイックレバーを適切な固さで締めこむ

クイックレバーの締め付けの確認目安

車輪取り付けの際は車輪を固定する軸の部分・クイックリリースレバーの締め付け具合の確認もマスト事項です。クイックレバーが緩すぎると、走行中に車輪が外れるおそれがあります。
締め付けの目安は、クイックリリースレバーを下方向から持ち上げたときに、おおよそ地面と平行になるくらいで指1本ではこれ以上持ち上がらない!というくらいです。そこから思いきり親指のはらの部分を使ってレバーを持ち上げて締め込みます。車輪の方にクイックレバーが倒れるくらいのところまでしっかりと締めんでください。

車輪をまっすぐはめるために

車体を押さえながらレバーをしめる

レバーを締めこむ際に、もうひとつ大事なことは、もう片方の手で車体を上からしっかり押さえることです。車輪がフレームに対して傾いてはまってしまうと、フレームにタイヤがあたったり、ブレーキシューがホイールにあたってしまったり、変速がうまくいかなくなったりします。上から車体をしっかり押さえつけることで、車軸部分がフレームの溝にしっかりとおさまった状態でクイックリリースレバーを締め付けることができます。

不明な点はマニュアルを参照

クイックレバーの締め付けと位置のマニュアル

バイクプラスでは車体お渡し時にクイックレリーズレバーの適切な締め方と正しい締め位置に関する注意事項をまとめたものをお渡ししています。
分からない部分はぜひ店頭でご質問ください。

車輪の着脱に関する関連動画

後輪の外し方「クロス編」

後輪を外すのも前輪を外すのと基本的には同じですが、チェーンや変速機などがついているため混乱しがちです。前もってチェーンが一番たるむ組み合わせにギアチェンジしておくことと、ギアの歯車とチェーンの位置関係さえ覚えておけばたいていうまくいきます!
後輪を外す際にはこちらの動画をご覧ください。

Vブレーキの片利きの調整

車輪はフレームに対してまっすぐ入っているけれど、ブレーキシューの位置が左右で違ってしまった…
vブレーキが片利きしまったときにはこちらの動画をご覧ください。


ページの先頭へ戻る

最新ブログ

ビンディングペダル

How to 〇〇

2017/02/17

初めてのビンディング!乗り方とその注意点

ロードバイクに乗っている方の多くは取り入れているビンディング。初めてのスポーツバイクだからまだフラットペダルを使っている、ビンディングにしたいがよくわからない、そんな方のために詳しく解説していきます!

わたし自身もたくさんビンディングについて学ばされていることが多いです。ぜひ参考にしてください!

スタッフ

25Cのタイヤ

How to 〇〇

2017/02/10

25C、23Cタイヤの違いって何?

最近よく25㎜幅のタイヤが良いといわれていますが、一体なにが良いのか23㎜のものとの違いは何かそんな疑問にスポットを当ててみました!

25Cのタイヤはメリットもたくさん♪一度使うとクセになります!

スタッフ
宮崎啓

鍵をかけている

2017/01/20

How to 〇〇

盗難されにくい自転車の鍵のかけ方

普段より手軽に実践可能な自転車の鍵の掛け方を紹介します!ちょっとした心がけで盗難のリスクを下げましょう!

全国各地の自転車にちなんだお土産

2016/12/23

How to 〇〇

サイクリストにおすすめのお土産・お守り編

全国各地の神社仏閣で授かることのできる自転車関連のお守りをまとめて紹介!自転車好きのアノ人へのプレゼントにぜひ!お出かけの際の参考にしてみてください。

長期休暇をもらったときのスタッフへの手土産をまとめてみました!探すといろいろあるものです。

スタッフ
宮崎早香

アメリカンバルブ(米式バルブ)の空気の入れ方

2016/11/25

How to 〇〇

米式バルブ(シュレーダー/アメリカン)の正しい空気の入れ方

スポーツバイクは、空気入れや空気圧などがシティサイクルとは異なります。正しい知識を身につけていつでも快適に乗れるようにしましょう!
今回は米式バルブ(シュレーダー/アメリカン)の空気の入れ方のご紹介です。

プロジェクトワン2万円OFFキャンペーンは2月末まで!

関連リンク

メンテナンス講習会のスケジュール

メンテナンス講習会のスケジュール

店内講習会のスケジュールはこちらでご確認ください。チューブ交換や輪行袋の使い方などは大変人気ですぐに定員になりますので、ご予約はお早めに各店まで!

乗車前点検を習慣に!

乗車前点検を習慣に!

命に関わるモノだから日頃からメンテナンスをし乗車前に安全に使用できるかを確認しましょう。気になる点はバイクプラス各店へお気軽にお問い合わせください。

メンテナンスにもチャレンジ!

メンテナンスにもチャレンジ!

日頃からご自分でできるメンテナンス作業をこちらでご紹介しています。動画でもご紹介していますので、チャレンジしたい方は是非ご覧になってみてください。

パーツ類の消耗具合も点検しよう!

パーツ類の消耗具合も点検しよう!

マメなメンテナンスに加え然るべきタイミングでの消耗品の交換が大切。消耗パーツの交換を怠ると他のパーツの消耗を促進したり事故につながる場合もあります。

自転車と一緒に揃えておきたい自転車必需品

自転車と一緒に揃えておきたい自転車必需品

安全に乗るための自転車グッズなど、自転車を購入した際に一緒に揃えておいたほうがよい自転車必需品をご紹介します。

おすすめサイクリング用品一覧

おすすめサイクリング用品一覧

通勤通学もそうですが、サイクリングに出かける際に装備しておいたほうがよいおすすめのサイクリング用品をご紹介しています。

  • シクロワイアードレコメンドショップ

カテゴリ

お知らせ

最新情報

自転車本体や自転車用品などの旬なアイテム、注目のアイテムのご紹介や展示会速報など。ホットな話題をお届け。

How to 〇〇

How to 〇〇

思わず「へ〜」と言いたくなる!?覚えておきたい、知っておきたい自転車関連のハウツーモノをご紹介。

地元自転車散歩

自転車散歩(ポタリング)を通じて発見した戸田・武蔵浦和・彩湖周辺の魅力や地域の情報。

サイクリング 埼玉・荒川周辺

サイクリング 荒川埼玉東京

ロードやクロスに乗って荒川サイクリングロードを中心に都内や埼玉でサイクリングに出かけた際の様子をご紹介。

輪行サイクリングブログ

輪行(電車+自転車)

輪行袋に自転車を入れて電車などの交通機関で出掛けた、滅多に行けないロケーションでのサイクリングブログ。

ロングライド&ヒルクライム

ロングライド&ヒルクライム

ロングライドやヒルクライムのブログです。イベントやレースに参加したレポートもこちらに。

ページの先頭へ戻る